バイナリ—オプションにおける成功

バイナリ—オプションにおける成功とは? 専業トレーダーHさんにお話しを伺いました。

ここではバイナリーオプションをわかりやすく紹介してますがトレードで成功されているHさんの場合…

IT関係の会社に勤めるサラリーマンだったHさん、納期に追われ多忙な日々を送っていました。

その仕事の合間に、相場の世界に踏み込み、すっかりのめり込んでしまいました。

時間に縛られない自由な暮らしに憧れていたHさん、トレードで食べていけるようになったので会社を退職。

退職する一月前に新築マンションを購入し、低金利で住宅ローンを組み念願の自由な生活をスタートさせました。

そんなHさんの暮らしはというと、午前中はデイトレード、午後は映画やショッピング、大好きな読書など趣味の時間を満喫する毎日、特にオプショントレードでは大きな利益があげられたそうです。

バイナリ—オプションの勝率は2分の1です。 予想が的中するのか、それとも外れるかのどちらかだからです。

Hさんは前職の経験上、システムに知識が深いので、自作の為替予想ソフトを作成、他の投資家たちに無償で提供しながら、バージョンアップを重ねていったのです。

なんとHさんのバイナリーオプションの勝率は70%近くをほこっていました。Hさんのバイナリーオプションにおける自分なりのルールは、決めた額以上の投資をしない、

一度の負けに執着しない、全体の流れで大きく考えること、締め切り時間の間際まで購入を待つ、

そしてファンダメンタルズ要因による為替相場の激しい変動はできるだけ避ける、

また万が一、過激な相場変動が起きたとしても慌てず落ち着くことです。

特に重要なの最後に挙げた「急激な相場の変動に動じない」ことでしょう。

確かに〇〇ショックと呼ばれるような経済の大きな混乱は数年に一度、もしくはもう少し短期間で起きる可能性がありますが、

過去のデータを振り返ってみると頻度は決して高くないということが分かります。

つまりその低い確率のデータに振り回される必要はないのです。

損失額が限られているバイナリ—オプションでは、海外FXのように含み損が一気に膨れ上がったり、

自動ロスカットの心配もありません。

重ねて言いますがバイナリーオプションは「勝つ」か「負ける」の二つに一つです。

このシンプルな勝負事で、勝ちを積み重ねていくことにより、負けよりも多くすることにひたすら集中すれば良いのです。

ごく稀にしか起こりませんが、思いがけないような事態が発生したとしても、これがすべてではなく、多くのトレードの中のたった1回のこと、と割り切ってしまいましょう。

自分を見失い、慌ててどんどん資金をつぎ込む、などということのないよう自制心も必要です。

よく考えてみて下さい。ブログのバイナリーオプションやFXの入門講座にあるように10回の取引のうち、4回負けたとしても6回勝てば「勝ち」です。

このように考えればそれほどハードルは高くないということがお分かりでしょう。
 

top