バイナリーオプションの長所と短所を考えてみる

バイナリーオプションは熟練の投資家だけではなく、これまであまり投資に興味がなかった人が投資を始めるきっかけにもなっているようです。
なぜバイナリーオプションはこれほどまでに人気があるのでしょうか。バイナリーオプションには長所だけではなく、もちろん短所も存在します。
今回はバイナリーオプションの長所と短所を詳しく紹介しながら、現在のバイナリーオプションの人気の理由を考えてみたいと思います。


■初心者でも参加しやすい

投資というと難しそうなイメージがありますが、バイナリーオプションの場合には株やFXなど他の投資と比べると初心者向きです。
なぜなら、バイナリーオプションは非常にシンプルなルールだからです。基本的なルールはレートが今よりも上がるか、下がるかを予想するというもので、選択肢が2つしかないためとても簡単です。
もちろん専門的な知識を身につけることによって、さらに勝率を高めることも可能ですので、初心者だけではなく熟練の投資家まで幅広くの人が参加しています。


■資金が少なくても大丈夫

バイナリーオプションは他の投資と比べると、用意しなければいけない資金はそれほど多くありません。
株やFXの場合も少ない資金で始めることが不可能なわけではありませんが、やはり儲けようと思うとそれなりの金額が必要になりますよね。
バイナリーオプションは買って購入金額が倍になるか、負けて失うかの二択が基本ですので、用意できる資金が多くなくても楽しむことができます。

■購入金額以上の損失は発生しない
投資で不安なのがどれぐらいのリスクがあるかということですが、バイナリーオプションでは購入した金額を失うことはあっても、それ以上の損失は発生しないようになっています。
株やFXは予想外の損失が発生してしまう可能性もありますが、バイナリーオプションなら限定的なリスクで資金を自分でコントロールしながら投資を続けられるというメリットがあります。


■まとまった時間がなくても参加しやすい

投資で儲けようと思うと、かなりの時間を投資に使う必要があるように思うかもしれません。
確かに株やFXの場合には常に株価や為替レートに気を使わなければいけないため、チャートにずっと張り付いているという人も多いようです。
しかしバイナリーオプションの場合には、購入してしまえば時間が来るまで何もすることがありませんので、忙しいサラリーマンや主婦の方でも参加しやすいのが特徴です。


■勝ちか負けかの二択しか存在しない

バイナリーオプションは勝つか負けるかの二択しかありません。購入した金額は倍になって戻ってくるか、すべてを失うかです。
例えば株であれば株価が大暴落したとしても、一気に0円になってしまうわけではありません。ましてや通常の下落であれば、多少の損を覚悟すれば全額を失うことはありません。
勝ち負けがはっきりしているのはバイナリーオプションの短所といえますが、資金が管理しやすいという特徴もありますので、無理のない範囲で続けることが大切と言えます。


■途中で何もできない

株やFXはいつまで続けるかは基本的に自由ですが、バイナリーオプションの場合には終了時間が決まっています。
逆にいえば、バイナリーオプションは終了時間までは何も介入することができません。チャートを眺めながら、状況に応じて途中で取引を切り上げたり、逆に延長したりということができません。
これはバイナリーオプション特有の短所となっていますが、バイナリーオプションは勝負が早いのが特徴ですので、終わった勝負はあきらめることも重要です。
特に海外のバイナリーオプション業者であれば、60セカンドなどの短期勝負も可能ですので、一度の勝負をいつまでも引きずらないようにしましょう。

top