バイナリーオプション最適の時間

バイナリーオプションの戦略と変化は時間で変わる?

バイナリーオプションというのは、取引の時間帯を考慮して各自の戦略を変えていく必要があります。自分に都合のよい時間帯に取引をすればいいのです。人によって異なりますが、午前中がお勧めだという人も多くいます。

というのも午前中は、マーケットの動きの幅が小さな時間帯を狙うことになるからです。ハイロー型ならば値動きの方向を予想することになりますが、決してその幅が問題ではないからです。例えば上下動が激しいと、そのトレンドを読むことが難しくなってきますが、それを踏まえて考えると、午前中や朝方といった時間帯が比較的狙いやすい時間帯であるという考えることもできます。管理人の経験談で言えばこの方法でボラティリティを狙い撃ちすることができたことが多くありました。

FXなどで投資をしていると見えてくることなのですが、日本時間の夕方から深夜にかけての時間帯が、特に相場に大きな動きがあります。

どういうことかと申しますと、その時間帯は、ヨーロッパ市場やアメリカ市場がオープンである時間帯に当たるからです。

「その時間帯にFXを利用したほうが儲けられる」と考える人もいるのが現状です。一方、バイナリーオプションは、予想を立てるのにあまり都合のよい時間帯ではないとも言えます。

参考サイト: 通貨ペア.net

バイナリーオプションは24時間取引することが可能ですが、海外、特にニューヨークやロンドンの時間も頭に入れておいたほうが得策です。

また、取引時間においては、「終了時間」と「決済時間」があることを常に意識しておいた方がいいでしょう。まず「取引終了時間」は、その証券会社の閉店時間のことを指します。

次に「決済時間」は、その取引の終了時間のことを言います。この2つを混同しないよう注意しましょう。混同してしまうとで、より性格な値動きの予想を立てるのが困難になります。予想をするということは、決済時間や清算時間における値動きになっているのです。

また、最短の決済時間についてお話します。最短の決算時間は5分のものと10分のものがあり、各々5分後、10分後のレートに予測を立てるということになります。

例えば5分のものに慣れた場合、それより長い期間が用意されていると読みが上手く働かなくなることもあり得ます。人によりますが、短期間のほうが予想しやすいという人もいれば、もちろんその反対のケースも考えられます。重要なことですが、どの程度の期間を予想するのかという点についても、自分に合ったものを選んでいくようにしましょう。

さらにポイントとなる点ですが、ニューヨークダウ平均の値動きを見ながら、ヨーロッパの値動きを確認して、円ドルの為替レートにかけていくという戦略もあります。

特にニューヨーク市場は「引けの前の1時間に大きく動くことがある」と言われているので、その動きに円ドルの相場が影響を受けることになってきます。

例えば、およそ早朝の9時頃にバイナリーオプションを利用して利益をあげるといった方法も知られているのが現状です。つまり、こういった時間を見極め、相場の癖を読むことも大切となってきます。
 

top